葬式

シンプルな家族葬の魅力とは|故人にも家族にもメリットがある葬儀

家族が亡くなったら

花

やり方は自由

人が亡くなった後に行うお葬式などは、近くに住む方や一緒に仕事をしていた方など故人とゆかりがあった方が多く参列し大きな会場などを使用して行われる事が多くありました。しかし、高齢化社会の影響を受け亡くなる方も高齢な方が多く、そして一昔前より人間関係の希薄化が進み参列者は家族や近い親戚、本当に親しくしていた方だけが参列する家族葬を行う方が増えてきています。家族葬はその言葉の通り家族がメインとなってお葬式などを行なっていくため、他の参列者に対する食事などの用意は必要ありません。また、家族や近い親戚、本当に親しくしていた方が故人との思い出をより深く話すこともできます。家族葬のやり方というのはとても自由なもので、故人の思い出の品物や故人が愛用していたものを会場に持ち込み個性的な葬儀を行う事が可能になります。現在は終活という言葉もあるように、故人が亡くなる前に葬儀を行う業者を予め探してお願いしておくケースも多くあります。また、その時にどのような葬儀にしたいのかを依頼しておくこともあります。現在は家族葬を行う葬儀会社も多くなってきました。人が亡くなるといつの間にか葬儀会社が決まっていたということもありますが、一度きりのものなのでしっかりと業者を選ぶ必要があります。慌ただしい中ですが、故人やその家族の希望を叶えるために、手配だけをするのではなく手配をする前にしっかりと依頼者の話を聞く業者や悲しみに寄り添ってくれる業者に依頼するのがおすすめです。