葬式

シンプルな家族葬の魅力とは|故人にも家族にもメリットがある葬儀

人気が高まっている葬儀

葬式

メリットや特長

家族や親戚など生前、親交のあった人を見送るのに、葬儀は欠かせない儀式といえます。一口に葬儀と言っても、昨今では様々な形態で執り行われるようになりました。中でも生野区を中心に、家族葬で執り行う人が急増しています。家族葬とは、参列者を家族、親族等に制限して少人数の参列者で行う形態の葬儀の事です。つまり、結婚式で言うところの「地味婚」のようなものです。家族葬は葬儀の小型版なので、生野区では通夜や葬儀、火葬は通常どおり行います。家族葬が生野区で人気を集める理由は、葬儀を行う際に手間があまりかからないからです。一般的な葬儀となると、多くの参列者がいるので弔問客への挨拶で忙しくなります。また、食事や座席などあらゆる点で気を使う必要があります。その点、家族葬では参列者の大半を身内が占めています。つまり、それほど気を使うことも無いので、心身の負担を減らすことが可能です。また、故人をゆっくりと偲ぶ時間を持つこともできます。実際に、家族葬を行った人の口コミによれば、静かに故人を送れたという人が多いです。さらに、家族葬では、一般的な葬儀に比べて、費用を抑える事も利点です。生野区の家族葬では、基本的に遺族、親族、友人など近しい参列者で執り行われます。よって、参列者への香典返し、食事など高額なお金がかからないです。そのため、通常よりも、かなりの低価格で行えるというわけです。このようにメリットが多いので、今後もますます人気を集めると考えられます。